アンティークなシングルチェアを通販で買う場合に気をつけたいこと

2014年8月22日

アンティークなシングルチェアの魅力の1つは応用範囲が広いことです。
お部屋の窓際に置いてお気に入りのオブジェを飾ってみたり、あるいはシングルチェアそのものをオブジェとしてアクセントにしてみたり。もちろん、「座る」という本来の用途においても用途は豊富です。テーブルと組み合わせることはもちろん、フロアスタンドとセットにして夜の読書コーナーにするというのもしゃれてます。
新たにアンティークのシングルチェアそろえるとき、豊富な選択肢の中から、気に入ったものを探し出すのは楽しくもありまた骨の折れることでもあります。

ここではほんの一部ですが、ご購入の際の参考にしていただけるようなお話をしてみましょう。

用途を決めましょう

アンティークなシングルチェアは、椅子としての機能以外にそれ自体が鑑賞の対象となる要素も持っています。そこでまずは購入の目的をはっきりさせます。

お部屋や店頭でのディスプレイ用であれば、単純にデザインの好き嫌いだけで決めればよいです。(シングルチェアをセットする部屋とのコーディネーションを考えるということは必要ですが)

一方、本来の「座る」ために購入する場合は、デザインよりも座り心地を優先させなければなりません。この場合、まずはサイズでふるいにかけることになります。

テーブル&チェア

シングルチェアをテーブルと組み合わせる場合は両者のマッチングを考慮しなければなりません。

高さ

テーブル天板の高さとシングルチェアの座面高さの差が30cm程度が理想とされています。すでにテーブルがある場合は、必然的にテーブル高を基準にしてシングルチェアのサイズを考えることになります。

デザイン

両者のテイストやグレードがかけ離れているとどうしてもチグハグ感が否めなくなります。まずはカラー合わせから始まりますが、ここではあまり完璧さを求めない方がよいでしょう。

そもそも色を表現するのに、たとえば「ブラウン」「ナチュラル」「ブラック」「ウォールナット」くわえて「ライト」「ダーク」といった言葉を使ったとしても限界があります。写真でも同様です。インターネットのモニター画面や印刷されたカタログでも実際のカラーを再現しているわけではありません。

家の新築やリフォームの際には壁紙や床材の実物サンプルを見て検討できますが、ファニチャーにそこまでを求めるのは難しいようです。ここにこだわってしまうと、目にするたびに不満がつのるため、「同系色でそろえる」という程度にしておいた方がよいでしょう。

自社オリジナルの販売サイト

インターネットで家具を販売しているサイトはたくさんありますが、多くは市場に流通している商品を取り扱っているだけです。この場合、商品説明の写真や文章はメーカー側から提供されたものを掲載しているにすぎません。

一方、自社オリジナルを製造販売しているサイトでは、自分が売りたい物を売っているわけですから、商品の説明もよりユーザー側に立った内容になっています。

ユーロマーケットならアンティークの世界感でお部屋を統一!

ユーロマーケットのシングルチェアはいずれもアンティーク風のデザインです。この、本物のアンティークではなく「アンティーク風」というところがポイントなんです。つまり、アンティークなスタイルで作られたシングルチェアということですから、同じ種類のものを複数そろえることができるということです。
たとえば、一目ぼれして買った(本物の)アンティークテーブルをお部屋にセットしたとしましょう。テーブルにはシングルチェアが必要となりますが、さてアンティークとなると同じものを2脚3脚とそろえるのは至難の業です。この場合はえてして異なったフォルムのものを集めて楽しむということになりますが、ユーロマーケットのシングルチェアですと、きれいにテーブル&チェアのセットアップができるというわけです。
アンティークをテーマにお部屋のコーディネートをお考えの方は、せひユーロマーケットのラインアップをご覧ください。「これだ!」とピッタリとマッチするタイプのシングルチェアが必ず見つかるはずです。

ユーロマーケット 商品カテゴリー
チェア&スツール
シングルチェア
アームチェア
スツール・ベンチ

 

ユーロマーケット 商品カテゴリ
  • チェア&スツール
  • ソファ
  • テーブル
  • ダイニングテーブル
  • ローテーブル
  • サイドテーブル・コンソールテーブル
  • カウンターテーブル
  • ショーケース
  • キャビネット
  • 小型家具
  • 白家具
  • アンティーク ミラー
  • インテリア&雑貨
  • アウトレット
  • 本物アンティーク

関連する記事